新型(現行)マツダアテンザワゴンの内装を徹底的にレビューします

新型(現行)マツダアテンザワゴンの内装を徹底的にレビューします

 

アテンザワゴン内装画像

スポンサーリンク

内装評価

マツダアテンザワゴンの内装色は2つのデザインから選ぶことができます。ピュアホワイトは、ナッパレザーシートが際立ち、ブラックの天井とピラーとの相性がとても良いです。ハイコントラストなコンディネーションが、スタイリッシュな雰囲気を演出しており、内装の雰囲気を明るくしてくれます。ブラックに関しては、シートやトリムのステッチ、天井からピラーまですべてブラックで統一されており、そのコンディネーションが引き締まった印象をもたらし、レベルの高い大人な雰囲気と丹念な仕立ての良さを演出してくれています。どちらのカラーもナッパレザーシートといい、銀面付きで毛穴の見えるような柔らかい素材の革を利用しており、高い質感に磨きをかけたインテリアで居住性の高いインテリアです。この上質な内装インテリアはL Package専用装備となっており、上質な乗り心地を求める人のためのデザインともいえる内装にこだわった造りをしています。

スポンサーリンク

アテンザワゴン内装画像

コックピットとインパネは?

マツダアテンザワゴンのおすめのポイントは、こだわり抜いたコックピットです。ドライバーが車に合わせるのではなく、車が運転するドライバーに合わせて理想のドライビングポジションにしてくれ、疲れにくい設計をしています。運転する際にドライバーがまっすぐと前を向いて、腕や足を自然に伸ばした位置にハンドルやペダル類が配置されるよう改良を重ねており、フロントタイヤの位置を前方に移動させて、運転席の足元にもスペースを十分に確保しています。この設計のおかげで理想的なペダルレイアウトを設計できています。センターコンソールに関しては、シンプル設計になっており必要最低限の機能を詰め込んでいます。運転中どの操作が何なのかと操作に集中して運転に対する注意が欠けないようにわかりやすくシンプルに、そしてデザインは高級感のある内装に合わせたインテリアになっています。このセンターコンソールのデザインも内装にインパクトを与え、より大人でスタイリッシュな雰囲気を演出しています。

内装装備はどうよ

アテンザワゴン内装画像

スポンサーリンク

内装装備に関しては快適装備が多彩に装備されています。フルオートエアコンは運転席と助手席それぞれに設定温度を調整できるフルオートエアコンを標準装備されており、独立しているためそれぞれの最適温度に調整することができます。また花粉除去フィルターも付いているため年中季節を問わず快適な空間で過ごすことができます。電動パーキングブレーキでは、軽い力でスイッチを操作するだけでパーキングブレーキをかけることができます。さらに景色や天気のいい日には電動スライドガラスサンルーフにより、開放感を味わうことができます。チルトアップ機構も装備しています。収納スペースに関しても、カップホルダーやボトルホルダーがフロントにそれぞれ2つ用意してあり、アームレスト付大型コンソールボックスや証明付きミラーなど様々な装備が十分についているため物の置き場に困ることもなく、すっきりと収納した状態でドライブを広々とした空間で楽しむことができます。

後部座席はどう?

アテンザワゴン内装画像

後部座席に関しては、広さも十分に確保してあり大人3人が乗っても窮屈に感じず足元もスペースを十分確保されています。そのため乗り降りのしやすさも良く、隣の人とぶつかる心配もありません。後部座席に座っていると天気の良い日などは後方からの日差しを気にしてしまいますが、電動リアウインドーサンシェードにより、スイッチ操作で自動で展開・格納できるため日差しが強い際はこの機能で日差しを遮ることができます。また、後部座席にはアームレスト付大型コンソールボックスの後部にエアコンの風光を調整できる吹き出し口を内蔵しているため快適な温度を保つことができる上、リアシートのシートヒーターは温度を3段階に調整できる機能を備えています。Bose社と共同作ったしたサウンドシステムのスピーカーが車内に11か所も設置されており、後部座席にいながらも雑音に邪魔されずにラジオや音楽を楽しむことができます。また、後部座席のリアシート背もたれを倒せば後ろにある荷物置き場と広々使用することができます。

スポンサーリンク