新型レクサスESのおすすめグレードを決定!“version L”と“F SPORT”は甲乙つけがたい。Fスポーツ専用装備もチェック。

新型レクサスESのおすすめグレードを決定!“version L”と“F SPORT”は甲乙つけがたい。Fスポーツ専用装備もチェック。

今回は新型レクサスESのおすすめグレードを決定していきましょう!!人気グレードのFスポーツと最上級グレードの“version L”で迷っちゃいますよね~。

おっと新型レクサスESのおすすめグレード・・どうなる!?

新型レクサスESのグレード構成は3種類。

  • ベースグレード
  • Fスポーツ
  • “version L”

結論から言うと、おすすめグレードは・・

  • 最上級のラグジュアリー感を味わいたいなら|“version L”
  • 走り・遊び・エクステリアデザインが好みなら|Fスポーツ

といった結果になりました。“version L”とFスポーツは、甲乙つけがたく・・好み・拘りで選びたいですね。

では、新型レクサスESのおすすめグレードを選んだ理由を詳しく見ていきましょう!!

スポンサーリンク

新型レクサスESのグレード別価格一覧

新型レクサスESFスポーツ

新型レクサスESのグレード別に価格をまとめると・・

ハイブリッド

  • ベースグレード 5,800,000円~
  • “F SPORT” 6,290,000円 ~
  • “version L” 6,980,000円 ~
グレードは3種類なんだね。レクサスのいつものやつだね。

全グレードハイブリッドモデルとなっています。新型レクサスESの価格帯は5,800,000円~6,980,000円となっています。

Fスポーツは少し性格が違うグレードになるので、まずはベースグレードと“version L”の違いを見ていきましょうか!

関連記事

スポンサーリンク

ベースグレードと“version L”の違いを比較

新型レクサスES画像

まずは、ベースグレードと“version L”の価格差を比較すると・・

  • ベースグレード 5,800,000円~
  • “version L” 6,980,000円 ~
価格差結構あるね~。。びっくりした笑

価格差は【120万円程】と大きいですね~。。もちろん装備の違いはあるのですが、この価格差に納得できるか!?ってのがポイントでしょう。

ベースグレードと“version L”の大きな違いをまとめると・・

シート素材&色の違い

新型レクサスES内装画像本革シート

まずベースグレードと“version L”の大きな違いとしてシート素材&色でしょうね。

  • ベースグレード|シート素材|Ltex
  • “version L”|シート素材|セミアニリン本革
  • “version L”だけリッチクリームを選択可能

となっていますね。ベースグレードは合成皮革のLtex、“version L”は本革シートとなっていますね。

もちろん大きな違いだけど・・価格差を納得できるほどではないかな。。

確かにそうですね。。Ltexも本革に限りなく近く、Ltexの方が好き!ってユーザーさんもいるくらい出来がいいですからね。。

他にもベースグレードと“version L”の大きな違いがあるので、まとめて見ていきましょう!!

関連記事

三眼ライト・アルミホイールなど・・

次にエクステリア関係のグレードによる違いは大きので比較すると・・

  • ベースグレード|LEDヘッドランプ

新型レクサスESヘッドライト

  • “version L”|三眼フルLEDヘッドランプ& LEDシーケンシャルターンシグナルランプ

新型レクサスESシーケンシャルターンランプ

あ~~見た目の違いか・・所有する喜びに影響あるからな。。

“version L”は三眼&シーケンシャルターンランプが採用されていますね。これがまた・・かっこいいんだ。。そしてアルミホイールの違い↓↓

  • ベースグレード|17インチアルミホイール

新型レクサスESアルミホイール

  • “version L”|18インチノイズリダクションアルミホイール

新型レクサスESアルミホイール

アルミホイールは大きな違いだね。。

アルミホイールのインチ数もそうですが、“version L”はノイズリダクションってのがポイント。静粛性や乗り心地に影響出てきますからね。

関連記事

スポンサーリンク

パフォーマンスダンパーは“version L”だけ

新型レクサスESパフォーマンスダンパー

切れ味と乗り心地を両立する パフォーマンスダンパー (フロント・リヤ) 車両の前後にパフォーマンスダンパーを設定。走行中に生じるボディのねじれや微振動を速やかに吸収し、ハンドリング特性をいっそうシャープにするとともに、すぐれた乗り心地にも貢献します。

最上級の乗り心地や静粛性を味わえるパフォーマンスダンパーは、“version L”だけ標準装備となっています。

他のグレードによる大きな違いをまとめると・・

  • 後席電動リクライニング機能
  • 運転席10Way&助手席8Way調整式パワーシート
  • サンシェード (リヤドア・リヤクォーター / 手動)
  • カラーヘッドアップディスプレイ
  • アンビエントイルミネーション
  • ハンズフリーパワートランクリッド (挟み込み防止機能付)
  • パノラミックビューモニター
  • パーキングサポートブレーキ (後方接近車両)& (後方歩行者)
  • ブラインドスポットモニター
標準装備の違いが大きいね~!!

“version L”の標準装備をまとめると・・

  • 安全性能や乗り心地、最上級の快適性を求めたグレード
  • 後部座席の同乗者にも、最高の快適性を求めるグレード

といった結果に。。ベースグレードとの価格差は【120万円】となっていますが、標準装備の違いをみると価格差にも納得でしょう。

関連記事

おすすめグレードは“version L”に決定!

新型レクサスES画像

Fスポーツは少し性格が異なるので、ベースグレードと“version L”で比較した結果・・

  • おすすめグレードは“version L”に決定!!

といった結果になりました。価格差以上に・・新型レクサスESを所有する喜び・満足感が高いと考えたからですね。メーカーオプションになりますが、デジタルアウンターミラーもつけられるのもポイント↓↓

新型レクサスESデジタルアウンターミラー3

5インチのディスプレイに車両左右後方の映像を表示し、右左折時や後退時の死角を低減。室内にディスプレイを配置し視線移動を抑えることで、安全運転を支援します。また、アウターカメラを鏡面ミラーより小型化したことで、斜め前方の見通しも確保しています。

先進技術だね~。。サイドミラーもう無いって笑。。

“version L”は新型レクサスESのポテンシャルを引き出す、ベストグレードなのは間違いないでしょうよ!!

次にFスポーツを選ぶ理由を見ていきましょう!!

関連記事

スポンサーリンク

Fスポーツ専用チューニングが遊び心をくすぐる

新型レクサスESFスポーツ

シームレスな連続可変制御を可能にしたNAVI・AI-AVSにより、ショックアブソーバーの減衰力を車両状態の変化に応じて最適に電子制御し、しなやかな乗り心地とフラットで安定感のある走りを両立。旋回時には専用チューニングを施したサスペンションと相まって自然な車両姿勢に制御し、よりアグレッシブな走りをお楽しみいただけます。

よりスポーティーに乗りたいユーザー向けなんだね。。

ですね。Fスポーツのドライブモードセレクトは4種類となっています↓↓

  • Eco
  • Normal
  • Sport S
  • Sport S+、Custom

遊びココロをくすぐるドライブモードセレクトですね。Fスポーツ専用で・・

  • Sport S
  • Sport S+、Custom

が追加されています。よりスポーティーに走りたいならおすすめです!!

関連記事

“F SPORT”専用スピンドルグリル メッシュがヤバすぎ

Fスポーツの特徴といえば、フロントグリル↓↓

新型レクサスESFスポーツ画像

“version L”のフロントグリルがコレ↓↓

新型レクサスESフロントグリル

好みの問題もありますが、Fスポーツのメッシュタイプはかっこよすぎるでしょうよ!!

Fスポーツ専用スポーツシート&フレアレッド

Fスポーツの内装で特徴的なのは、スポーツシート↓↓

新型レクサスESFスポーツ内装画像

すぐれたホールド性を実現する “F SPORT”専用スポーツシート (フロント) 体圧分布が安定し、ホールド性も高い表皮一体発泡成型のフロントシートを採用。LCの意匠イメージを継承し、スポーツイメージを表現しました。また、リヤシートの形状はノーマルシートと同じです。

うわうわ・・スポーツカーみたいだねー

Fスポーツ専用スポーツシートが気に入って、Fスポーツを選ぶユーザーさんも多いはず。そして、Fスポーツ専用シートカラー【フレアレッド】。これは強烈だね~。。

関連記事

スポーティーに乗りたいならおすすめはFスポーツ

新型レクサスESFスポーツ

スポーティーに新型レクサスESの乗りたいなら・・

  • おすすめグレードはFスポーツ

といった結果になるでしょう。もちろんスポーツシートやフレアレッドに一目惚れしたならFスポーツでしょうよ!!

“version L”との価格差を見ると・・

  • “F SPORT” 6,290,000円 ~
  • “version L” 6,980,000円 ~

約70万円ほど割安なので、価格差的にもお買い得を感じさせてくれるおすすめグレードですね。

関連記事

スポンサーリンク

まとめ “version L”orFスポーツで迷うぜ!

新型レクサスES画像

新型レクサスESのおすすめグレードを決定していきました。まとめると・・

  • 最上級のラグジュアリー感を味わいたいなら|“version L”
  • 走り・遊び・エクステリアデザインが好みなら|Fスポーツ

といった結果になりましたね。違う角度から特徴を分けると・・

  • “version L”は後部座席に同乗者をよく乗せるユーザー
  • Fスポーツはドライバーが楽しめるグレード

といった言い方も出来るでしょうね。僕は“version L”を選びますね。新型レクサスESのラグジュアリー感を味わいたいので。。

Fスポーツのフロントグリルに一目惚れしたなら、もうFスポーツしかありません!!絶対に後悔しないはず。

試乗に行く際には、“version L”とFスポーツを乗り比べる・見た目を吟味する・・楽しすぎるでしょうよ!!

アモーレセダン!!

スポンサーリンク


関連記事

画像テキスト引用レクサス公式HP