新型(現行)マツダアクセラセダンの総合評価まとめ

アクセラセダン画像
目次

Contents

内装を徹底的に評価、レビューします!

アクセラセダン内装画像

アクセラセダンの内装には、ドライブを最大限に楽しむための多彩なアイテムが装備されている特徴があります。走りに対する期待を抱かせてもらえる雰囲気も漂っています。おすすめポイントは、人間中心設計という観点で作られている運転席周辺です。運転中の理想的な姿勢に配慮し、多くの情報を得られやすい環境について重視しています。具体的なアイテムとしては、視線を下方に大きく動かすことなく情報を確認することができるセンターディスプレイの存在が光っています。実に様々な人間研究を積み上げているため、ドライバーが快適な姿勢を保ちながら、運転に集中することが可能になっています。コマンダーコントロールについては、ステアリングを握っていた左手を自然に下ろした位置に設置されています。また、覚えやすいボタン配置になっているため、手もとを見ることなく操作することが可能です。後部座席も一定のスペースがあるため、大人二人であれば、それほど無理をせず座ることができます。開放的な後席空間を確保しており、走行中のストレスを少なくしています。この車からは、乗るすべての方々のため、極限まで快適性を追求している努力を感じさせてもらえます。

スポンサーリンク

エクステリア(見た目)を徹底的に評価、レビューします

アクセラセダン画像

アクセラセダンのエクステリアからは、力強い生命力や豊かな表情などを感じ取ることができます。磨き抜かれたボディラインには、先進的な美しさが漲っています。上質なイメージもあり、どの世代の方が乗っても似合う姿を想像することができます。かっこいいポイントは、圧倒的にエレガントなスタイルです。この形状を好む方であれば、衝動買いをしてしまうほど魅力的な車の形として具現化されています。グレードによる違いは、外観的には、ほぼ違いがありませんが、ブレーキサポートやクルーズコントロールなどの危険認知支援技術の有無という点で違いがあります。全体的に躍動している感覚を抱くことができるため、セダンというジャンルに留まらない特殊な車とも捉えられます。芸術的なボディラインからは、匠の技の素晴らしさを味わうことができます。常識をを打ち破るような強いこだわりも感じられるため、この車を所有すれば価格以上の満足感を得られると考えられます。単なる移動手段のための車ではなく、とにかく乗りたい、と感じさせてもらえる車に仕上げられています。

燃費と安全性能の評価はどうでしょう?

アクセラセダン燃費

アクセラセダンの燃費は、平均的な場合でリッター二十キロを少しだけ下回る値になっています。この燃費については、ライバル車と比較すると優れている値だと言えます。安全性能に関連する内容としては、新しい発想で構築した骨格を採用している点があります。歩行者への傷害低減を見据えている高度な衝突安全性能を追求しています。もちろん、車の中の前席乗員や後席乗員の安全性も高めています。自動で眩しさを抑えるルームミラーなど、走っている最中におけるきめ細かな装備にもこだわっています。パワー不足を感じることはないため、高速道路においても安全に走ることができます。山道でも問題はなく、力強く加速することが可能になっています。複数の車線がある坂道を走っている場合でも、安全な状態を保ちながら他の車を追い抜くことができます。また、ボディの要所には、多くの高張力鋼板が用いられています。そのため、キャビン強度向上と軽量化を両立しています。フロントドアの内部とリアドアの内部には、サイドインパクトバーがはめ込まれているため、側面衝突時の衝撃を効率よく分散させることに成功しています。

スポンサーリンク

乗り心地はどう?

アクセラセダン画像

アクセラセダンを運転すれば、実に快適な乗り心地を味わうことができます。マイルドでしなやかな印象もあるため、毎日でも走りたい気持ちになります。優れた静粛性を持っており、連続している悪路においても、柔らかくなめらかなフィーリングを覚えることができます。確かな接地感を維持しながら、姿勢を乱すことなく、力強く走る爽快さを感じられます。特に横方向の揺れが少ないため、抜群の走行安定性を味わうことができます。後部座席についても、ある程度のスペースがあるため、窮屈なイメージを抱くことはありません。かなり広いというわけではありませんが、良い意味でタイトであり、ドライビングに影響するようなことはありません。全体的なバランスが良いため、高速道路を長時間走った場合でも酷く疲れることはありません。フラットな乗り味が、より洗練されているような印象もあるため、興味深い居住性を楽しめる仕上がりになっています。また、充分なトランク容量があるため、最低限の実用性も備えている車であると言えます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次