新型(現行)マツダアクセラセダンの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

新型(現行)マツダアクセラセダンの後部座席・ラゲッジ評価まとめ
スポンサーリンク

後部座席の乗り心地は?

アクセラセダン内装画像

ハッチバックタイプで人気のアクセラセダンの後部座席ですが、同じマツダのアテンザセダンと比べると広さはやや劣り、デミオ等と比べると驚く程広いです。ノーマルのアクセラと足元の広さは変わりなく、室内高はハッチバックとセダンという車体モデルの違いから、後部座席に座ったときの頭のウェールズらへんがアクセラセダンの方がやや低くなっています。

ノーマルのアクセラと比べて、天井が少し低いといって、乗車時に圧迫感等は感じる事無く、ヘッドクリアランスとしては十分なスペースが確保出来ています。また足元の広さはとても広く、成人男性が脚を組めるくらいのスペースがあり、後部座席においても快適性を損なう事はありません。

欠点と言うほどでは無いですが、リクライニング機能がついていないので、もしついていたら更に快適性の向上が見込めたでしょう。しかしリクライニングが必要ないくらい背もたれの角度は丁度良く、深く座り込みくつろげる後部座席になっています。

スポンサーリンク

後部座席のシートアレンジ

アクセラセダン内装画像

後部座席は6:4の分割稼働式になっており、シートアレンジも多彩です。車体中心部分の座席の背もたれには、アームレストとドリンクホルダーが格納されており、後部座席においても飲み物の置場所に困る事はなく、座席の座り心地は勿論、使い勝手や腕をしっかり休められる点も高評価になっています。

おすめのポイントは、セダンタイプとしては珍しく、後部座席を倒すことでラゲッジスペースと繋げて使う事が可能になりハッチバックのラゲッジスペースのような使い方をすることが可能になります。ラゲッジスペースだけでは入りきらない荷物や、大きい荷物や長さのある荷物をセダンタイプだと収納に困る事がありますが、アクセラセダンはシートアレンジで片側だけ倒してラゲッジスペースとして使う事も可能ですし、両側を倒せばとても大きいラゲッジスペースとして使う事が出来ます。また後部座席を倒しても入らない長さの物であれば助手席を倒して長い空間を作る事も可能です。

ラゲッジスペースの評価は?

アクセラセダン内装画像

ラゲッジスペースのおすすめポイントはやはり、セダンタイプの車としてはとても珍しい車内と繋げられるところです。もちろんそのままでも十分な広さのラゲッジスペースですし、床下収納等もあり、使い勝手は良好ですが、車内と繋がるか繋がらないかは大きな違いになります。

旅行やスポーツの際に、どうしても荷物が多くなってしまい、ラゲッジスペースだけでは入らない時でも、後部座席を倒してラゲッジスペースとして使えれば、楽に荷物を積み込む事が可能です。また、シートが分割稼働式なので、後部座席に人が乗りつつも荷物のスペースを確保できる点もおすすめポイントになっております。

セダンタイプのボディーなのに、ラゲッジスペースの使い勝手としてはハッチバックのように使えるので、セダンタイプが好きだけど、荷物がラゲッジスペースだけしか積めないからセダンタイプを購入するのを諦めているという人にはとてもおすすめの車種になっております。

スポンサーリンク

後部座席とラゲッジの評価まとめ

アクセラセダン内装画像

アクセラセダンの後部座席はリクライニング機能こそ無いものの、背もたれの角度が丁度良く、深く座り込みくつろげる空間になっています。足元の広さや天井の高さ等、窮屈に感じたりする事はありません。女性であれば脚を組んで座っても余裕があるくらいで、男性でも脚を組めるくらいのスペースがあり、ワンランク上のサイズの車と比べてもあまり遜色は無いように思え、快適性はとても高いです。

後部座席のシートアレンジとラゲッジスペースに関してのおすすめポイントは、セダンタイプなのに、ラゲッジスペースと室内を繋げて使う事が出来る点になります。普段はラゲッジスペースと室内をしっかり分けて使う事が出来、荷物が多いときや、大きな荷物があるとき、また長さのある荷物があるとき等、後部座席を倒すことでラゲッジスペースを広く使う事が出来るので、セダンの良いところとハッチバックの良いところを兼ね備えた、使い勝手の大変良い車になっています。

スポンサーリンク