新型(現行)スバルWRXS4の総合評価まとめ

新型(現行)スバルWRXS4の総合評価まとめ
スポンサーリンク

内装を徹底的に評価、レビューします

スバルWRXS4内装画像

新型(現行)スバルWRXS4は、スポーツセダンらしいスタイリッシュな内装が魅力です。
センターコンソールはどっしりとした安定感のあるスタイルをしており、インフォメーションパネルとマルチファンクションディスプレイの2枚を配置、必要な情報素早くチェックできます
インストルメントパネルにスポーツスタイルのメーターを採用、走りへの期待感も高まることでしょう。注目すべきはアクセルやブレーキなどのペダルです。
左からパーキングブレーキ、ブレーキ、アクセルのそれぞれにパンチングしたような穴が空いたスポーツペダルを採用することで、いかにもスポーツスタイルといった印象を感じさせるなど、シンプルな機能と質感を両立させています。
おすすめポイントは後部座席です。ゆったりとした足元スペースを確保することで、乗り心地を改善しており、日常での移動や家族揃っての遠出など様々なシーンに活躍することでしょう。
新型(現行)スバルWRXS4の内装は、スポーツセダンに欠かせない基本的な機能を抑えながら、質感を確保しました。

スポンサーリンク

エクステリア(見た目)を徹底的に評価、レビューします

スバルWRXS4内装画像

新型(現行)スバルWRXS4のかっこいいポイントは、彫りの深いフロントデザインにあります。
鋭く大きなヘッドライトに引き締まったフロントグリル、フロントエアスポイラー、エンジンカバーにあるエアインテークなどのバランスよく配置されており、鋭さと迫力を感じさせるなど、見た目からも俊敏さや機敏さを表現しています。
グレードには2.0GT EyeSight、2.0GT-S EyeSightがあります。
搭載されているパワートレインやトランスミッションは同じですが、2.0GTのベースモデルに対して、2.0GT-Sの標準装備が充実しています。
具体的なグレードによる違いは、乗り降りする際にヘッドライトなどが点灯してドライバーを歓迎する演出をしてくれるウェルカムライティング、ドアミラーにサテンメッキドアミラーを採用、リアにトランクリップスポイラーを採用することで空気抵抗を改善しています。
オプションとしてサンルーフや245/40R18タイヤ&アルミホイールも選べます。

燃費と安全性能の評価はどうでしょう?

スバルWRXS4画像

新型(現行)スバルWRXS4のライバル車は、ゴルフ GTIです。
ライバル車と比較すると新型(現行)スバルWRXS4は街乗りに向いた大人の走りを体感でき、一方の
ゴルフ GTIは、よりスポーティーでやんちゃな印象を感じられます。
気になる燃費性能は、新型(現行)スバルWRXS4が1Lあたり13.2km(JC08モード)、ゴルフGTIは15.9kmとゴルフGTIに軍配が上がるため、高速道路走行の燃費においては一?譲ります。
安全性能においては遅れを取りません。
新型(現行)スバルWRXS4は、スバルの安全性能技術EyeSight ver3.が搭載されており、危険を感知すると自動的にブレーキが発動する衝突回避機能を備えています。
EyeSightの要となっているのが搭載された2つのステレオカメラで、EyeSight搭載車は、非搭載車に比較すると約60%も事故を減らせることが知られており、自動車事故対策機構による予防安全性能評価において最高ランクを獲得しています。

スポンサーリンク

乗り心地はどう?

スバルWRXS4画像

新型(現行)スバルWRXS4は、走りだけでなく乗り心地にもこだわっています。
後部座席の足元スペースは余裕を確保しました。ロングドライブに足の位置も変えやすいので心身へのストレスを減少、小さなお子さんリアシートに乗せての家族揃ってのドライビングにも向いています。
またマイルドな乗り心地なので、高速道路での移動やワインディングロードまでスムーズな乗り心地を体感できるでしょう。
高い静粛性を実現するため工夫が施されています。
外部の音を侵入させないためのウェザーストリップを2枚に増やし、リアクォーターガラスの厚みを増しました。また吸音材をカーグルームに追加することにより、走行中に生じる風切音やロードノイズを遮断し、過ごしやすい車内を実現しています。
新型(現行)スバルWRXS4は、スポーツセダンらしくしなやかでパワフルな乗り心地に加えて、静粛性の向上が見られます。
家族揃っての移動に欠かせない後部座席の過ごしやすいため、様々なシーンで活躍することでしょう。

スポンサーリンク