新型(現行)日産フーガの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は?

新型(現行)日産フーガの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は?

新型(現行)日産フーガの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

スポンサーリンク

後部座席の乗り心地は?

“後部座席に乗り込んだ時にまず感じるのが、しっとりとした肌触りのセミアリニン本革シートの心地よさと、思わず足を組んでリラックスしたくなる足元の広さです。さらに天井高にもゆとりがあり、ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション & マルチリンク式リヤサスペンションを装備しているので、走行中の不快な微振動や上下の動きを抑制してくれるため後部座席の極上な乗り心地を実現しています。

乗る人のために考え抜かれた座席シートはしっかりと体を支えるように作られており、まさに後部座席で安全にゆったりと快適に移動するための車としても選ばれる理由がわかります。

リクライニング機能としては特にないものの後部座席で移動中の乗り心地、銀粉本木目フィニッシャーとセミアニリン本革シートの豪華絢爛な組み合わせ、広い足元空間、疲れにくく作りこまれたシートなど、同クラスの他の車と比較しても特に後部座席の居住性は抜きんでており、ワンランクもツーランクも上と言わざるおえません。

スポンサーリンク

” 後部座席のシートアレンジ “

後部座席のシートアレンジとしてはミニバンタイプのような多様性はないものの、安定感のある、乗る人のことを考えて作られた重厚なシートがしっかりと体をホールドしてくれるため疲れにくくなっています。

もちろん後部座席の中央には格納できるアームレストがついており、ドリンクホルダーが2つあります。アームレストを格納してしまえば横幅も広いため、大人3人が余裕で座ることができます。さらに三人で乗った場合、真ん中の座席でも体が浮いて不安定になることは無くしっかりと安定して座っていられます。

やはりおすめのポイントは日産フーガの大きな特徴の一つである後部座席の乗り心地の良さです。足元や頭上ともに十分なゆとりある空間が広がり、後部座席の特出した静寂性、首、背中、腰と何分割もされたパーツがそれぞれの体のおうとつにフィットする形状になっているので、体全体をホールドしてくれます。これらの特徴が後部座席の乗り心地を最高のものにしています。

” ラゲッジスペースの評価は? “

ラゲッジスペースの広さは、約9インチのゴルフバッグが4セットも入るほど広々としています。ハイブリット車の場合は荷室にリチウムイオン電池を積むため、ゴルフバッグ4セットでいっぱいになりますが、ガソリン車の場合だとそれが無いのでさらに広々としており、ゴルフバッグ4セットにプラスしてスポーツバッグも4セット程が積載可能です。さらに開口部の高さも同クラスのセダンと比べて高くなっているため、荷物が積み込みやすいのも特徴です。大人4人で一泊のゴルフ旅行も余裕で楽しむことができますので、高級ゴルフクラブに集まる紳士たちに愛される理由がわかります。

荷室の開閉は女性でもスムーズでトランクオートクロージャーも完備しており、トランクリッドを軽く押し下げるだけで、静かにロックできます。

ラゲッジスペースの評価は高くその理由としてはやはり広々としたスペースであるのはもちろんのこと、高さを若干高くすることで、ぎゅうぎゅうに押し込まなくても済むため荷物が積みやすくなり、より使い勝手の良いものにしています。

スポンサーリンク

” 後部座席とラゲッジの評価まとめ “

日産フーガは特に後部座席の評価も高く、最大の理由は後部座席に乗った時に感じる別世界のような静寂性と乗る人の体にフィットしてしっかりと支えてくれるシート、広くゆとりを持たせた足元空間や頭上空間などそれぞれがもたらす最高の快適性でしょう。

特におすすめポイントはやはり高級ソファーのようなシートです。助手席運転席のみならず、後部座席に乗る人も重視したその居住性は他と比較しても突出しています。

大人4人がそれぞれの席で快適に過ごせるような工夫が施されており、さらに高さのある、広いラゲッジスペースの確保によって長時間の移動や、沢山の荷物が必要なゴルフ一泊旅行でも余裕をもって楽しむことができます。日産フーガならではの手の込んだラグジュアリーな内装も、より一層気分を盛り上げてくれることでしょう。もちろん子供たちとの大切な家族旅行やレジャーも特別なものとなるはずです。

ラグジュアリーな品格だけでなく実用性も兼ね備えたまさにプレミアムセダンの名にふさわしい車です。

スポンサーリンク