新型(現行)スバルレヴォーグの内装を徹底的にレビューします

新型(現行)スバルレヴォーグの内装を徹底的にレビューします
スポンサーリンク

内装評価

レヴォーグ内装画像

スバルレヴォーグの内装評価ですが、シックな内装色とマッチし、高い完成度で作り込まれた車内空間になっています。エクステリアだけを見ると、先代のレガシィツーリングと比べると、一回り小さくなった印象のレヴォーグですが、インテリアはスペースを上手く使っており、運転席、助手席はもちろん、後部座席も広さをしっかりと確保し、長距離ドライブでも疲れないであろう居住性を確保しています。

シートの手触り、クッションの固さも固すぎず、柔らかすぎずで丁度良く、運転席と助手席はホールド形状になっており、乗車している人を左右からしっかりと優しく支えるような座り心地になっています。スポーツカーのバケットシートとまではいきませんが、カーブでのホールド感も良好です。

また、シフトノブやハンドルにもスバルのこだわりが目にみて分かり、車内で一番触る部分だからこそ、握り心地や、操作のしやすさを追求して、作られたんだろうと思わず感動してしまう部分であります。

スポンサーリンク

コックピットとインパネは?

レヴォーグ内装画像

コクピットですが、ハンドルの正面に二連のタコメーター、スピードメーターがあり、その中心に平均燃費や、航続可能距離等を表示するモニターがついております。この二連のタコ、スピードメーターも工夫がされており、タコメーター内に水温計、スピードメーター内に燃料計が組み込まれており、それぞれが邪魔をしないように上手く配置されております。

インパネのおすめのポイントは上から、車内の温度や時間等も表示する補助モニター、エアコン吹き出し口、ナビやオーディオ、エアコン操作パネル、小物収納、シフトノブときれいな直線を描いて配置されている機能の数々です。見た目はもちろん、運転席からの操作性も良く、とても使い勝手が良いです。またセンターコンソールにはシフトノブの他に電動パーキングブレーキのスイッチ、(その左右にはオプションでシートヒーター等のスイッチが追加可能です)スライドで開閉するドリンクホルダー等がついております。

内装装備はどうよ

レヴォーグ内装画像

内装の装備ですが、悪い点をあげるのが難しいくらいしっかりした装備内容です。シートに関しては、シックな色合いでクッション性能も良好、加えて運転席助手席はホールド形状になっており、電動パワーシートも可動域が広く、好みのポジションに調整が可能です。

ドリンクホルダーもセンターコンソール部分にあるスライド開閉式のものが二つあり、後部座席の真ん中のシートを倒すとひじ掛けとドリンクホルダーが二つ出てきます。それに加えて各扉に一つドリンクホルダーがついております。どの席に乗ってもドリンクの置場所に困るような事はありません。

その他の各種スイッチも操作しやすい位置に配置されており、エアコンの操作パネルもシンプルで操作性の高さとスタイリッシュさを両立した素晴らしいデザインになっております。ハンドルにも付属のSIドライブのスイッチやクルーズコントロールのスイッチも操作したい時にすぐ操作出来る位置に配置されており、快適装備と使い勝手、デザインのすべてがバランス良く仕上がっています。

スポンサーリンク

後部座席はどう?

レヴォーグ内装画像

後部座席に関しても、足元の広さや、乗り心地、また乗り降りのしやすさ等、快適性とスタイリッシュさを兼ね備えた素晴らしい仕上がりになっています。後部座席にもリクライニング機能がついており、自分のベストなポジションに調整する事が可能です。またシートの座り心地も適度な固さのクッション性なので走行中も下からの突き上げ等もあまり感じられず、快適性はとても高いです。広さの方も脚を伸ばすまではいきませんが、脚を組むくらいのスペースはしっかりと確保されています。運転席や助手席と比べても遜色ない程スペースがあります。

シートアレンジも多彩で、6:4での可動式となっており、センター部分はひじ掛けとドリンクホルダーになっていますので、後部座席にいても快適空間も損なう事なくドライブが楽しめます。またシートを前に倒す事により、ラゲッジスペースと繋がる事で長いものも収納が可能になり、アウトドアやウインタースポーツ等、さまざまな場面で活躍する事が出来ます。”

スポンサーリンク