新型(現行)レクサスHSの総合評価まとめ

新型(現行)レクサスHSの総合評価まとめ

新型(現行)レクサスHSの総合評価まとめ

スポンサーリンク

内装を徹底的に評価、レビューします!

新型(現行)レクサスHSの内装は上質です。
流れるような流麗なデザインが施されており、採用されたシートの座り心地と心地よい手触りをしています。

インストルメントパネルはモダンを感じさせるに十分なスタイルです。備えられた高解像ディスプレイやメーターには視認性と無駄なく情報をチェックできるレイアウトが考慮されました。
おすすめポイントは、視線を変えずに操作できるリモートタッチでしょう。

左手をステアリングから移し、肘をアームレストに載せると自然に手のひらに収まるポジションにリモートタッチを配置、オーディオやナビゲーション、エアコン操作をスムーズできます。

後部座席も実に豊かです。前席に劣らない上質さを演出しており、ロングドライブで気になる足元スペースも広いため、体への負担も減少させます。
後部座席は3人乗り、ドアトリムの質感も贅沢感を感じられることでしょう。

新型(現行)レクサスHSはモダンかつシンプルで上品さを感じられる魅力的な内装に仕上がっています。

スポンサーリンク

” エクステリア(見た目)を徹底的に評価、レビューします “

新型(現行)レクサスHSのかっこいいポイントは、エクステリアにあります。
大きなLEDヘッドライトやレクサスブランドのシンボルであるスピンドルグリルが、個性と存在感を強調していますが、フォルム全体が持つ流れるような美しいスタイルかあは、柔らかさと気品を感じさせることでしょう。

リアスタイルも特徴的です。大きなテールライトによる後続車両の視認性を確保するとともに、レクサスブランドを示す「L」マークをトランクに施すなど、個性と美しさ、強さまで感じられるデザインに仕上がりました。
新型(現行)レクサスHSには、全4グレードあります。
直列4気筒DOHC ハイブリッドパワートレインや電気式無段変速機は同じですが、インテリアの一部が違ってきます。

グレードによる違いは、本革ステアリングステッチ、パワーイージーアクセスシステム、高濃度プラズマクラスター、撥水機能付スーパーUV400・IRカットガラス ・遮音タイプなどであり、グレードが高くなるほど上質感が高まりインテリアになります。

” 燃費と安全性能の評価はどうでしょう? “

新型(現行)レクサスHSのライバル車は、トヨタSAIでしょう。ライバル車と比較すると燃費性能においては一步譲ります。

トヨタSAIの燃費は、1Lあたり22.4km(JC08走行モード)、新型(現行)レクサスHSは、1Lあたり20.6kmとなっており、高速道路での燃費性能においてはトヨタSAIが勝るといえるでしょう。
安全性能においては、新型(現行)レクサスHSは高いレベルに達しています。

統合安全コンセプトは、システムの連携により高度な安全を実現しました。
ミリ波レーダーによるプリクラッシュセーフティシステム、前方車両に対しては自動的にブレーキを発動、後続車両の衝突を感知したらインテリジェントヘッドレストを適切な位置に移動させ、むち打ち症状を緩和します。

乗員を包み込むように守る最大10個のSRSエアバッグ、一般道で提供するDSSS運転支援機能、高速道路で提供するETC2.0サービス、重量のある車両と衝突した際に威力を発揮知る衝撃吸収ボデイ、対人事故発生の際に歩行者の被害を抑止する障がい軽減ボディなどを採用しており、高いレベルで安全性能を実現しています。

スポンサーリンク

” 乗り心地はどう? “

新型(現行)レクサスHSの乗り心地は高くなっています。
レスポンスの良い走りと高い加速性能を有しており、高級中型セダンらしい高いレベルの乗り心地を体感できます。

またシートポジションを高めにすると大らかで柔らかい乗り心地になり、低めにすることでスポーティーな乗り心地が感じられると評価されています。
後部座席もロングドライブに適しています。

しっかりとした上質なシートに身を委ねることができることや、足元のスペースが広いため大人4人でのロングドライブにも適しています。
家族世帯の場合だと小さなお子さんを後部座席に座らせての遠出やイベントへの參加、帰省など様々なシーンで活躍することでしょう。
静粛性についても高くなっています。

モーターを搭載したハイブリッドエンジンを採用しているため、車が発する騒音で気になるのは路面を走行する際に生じるタイヤノイズ程度なので、室内での会話も楽しめます。
新型(現行)レクサスHSは、レクサスブランドらしい高品質な乗り心地を体感できる魅力的な中型セダンです。

スポンサーリンク