新型アテンザの内装を画像でレビュー!質感の評価も高く、白のレザーシートも安っぽい感じは無いぜ!

新型アテンザの内装を画像でレビュー!質感の評価も高く、白のレザーシートも安っぽい感じは無いぜ!

今回は新型アテンザの内装を画像でレビューしていきますね。口コミや評価もチェックしていきましょう!

マツダのインテリアはかっこいいからね!新型アテンザも期待大でしょうよ!!!

もちろん白レザーもラインナップ!そして、おすすめなのが、ナッパレザーを使用したオリエンタルブラウン。大人の渋さがぐんっとアップしますね。新型アテンザの内装は最高級のフラッグシップだけあり快適装備をそなえていますね。

運転に集中出来るゾーン配置を徹底的に研究して作られたコックピットにより、スマートフォンなどのモバイル機器を接続して様々なウェブコンテンツを楽しむコネクティビティシステムの活用も安心して出来るようになりました。

グレードによる大きな違いもしっかりとチェックしていきましょう!

では新型アテンザの内装を画像でレビューしていきますね!どうぞ!!

スポンサーリンク

新型アテンザの内装に対する口コミ・評価をチェック!

大人の感性に響くエレガンスを追求。 数々の創意工夫が生んだ空間の伸びやかさが、上質でくつろぎに満ちたおもてなし感を醸し出します。 特にL Packageでは、味わい深い本杢(セン)のパネルや量産車として 世界初のウルトラスエード®ヌーをインパネに用いるなど、 マツダの最高峰にふさわしい質感とものづくりへのこだわりをインテリアのすべてに注ぎ込みました。

新型アテンザ内装画像

ブラウンのレザーシートは落ち着いていますし、水平基調のインテリアはプレミアム感がすごくあり、室内の広がりも感じられます。

L Packageの感想ですが、めちゃくちゃ質感は高かったです。ホワイトレザー仕様でしたが、清潔感もあり、レザーシートの質感、座り心地、ホールド感は抜群。

同乗した人からは必ずといっていいほど、外観も内装も褒められます

内装の評価高いね〰!口コミもいい感じじゃない。。

マツダのフラッグシップにふさわしい内装と言えるでしょうね。

  • 質感が高い
  • 安っぽい感じは無い
  • 同乗者に褒められちゃう

って口コミも多いですね。新型アテンザを所有する喜びも高いでしょう!!特にナッパレザーの質感は高評価↓↓

新型アテンザ内装画像

シート素材には、しっとりとしたなめらかな触感が心地よいナッパレザーを採用しています。そのうえでシートバックの表面に、サテンクロームメッキのアクセントをあしらいました。上質な素材で仕立てたリッチな造形のシートデザインにさりげなくメタルのアクセントを効かせることで、空間全体の質感と品格を高めています。

高級感は間違いないでしょうよ!!

しっとりと高級感のあるナッパレザーは独自の持つ風合いと柔らかさで最上級の居住性をもたらします。穴あけ加工を施しているため吸音効果があり、洗練された見た目と同時に車内の静寂性を高めるなどの実用性にも優れていますね。

次にグレードによる内装の大きな違いを見ていきましょうか!

関連記事

 

スポンサーリンク

グレードによる内装の大きな違い

新型アテンザ内装画像

まずは新型アテンザのグレードをまとめると・・

2.0&2.5Lガソリン

  • 20S 2,829,600円~
  • 20S PROACTIVE 2,959,200円~
  • 25S L Package 3,542,400円~

2.2Lクリーンディーゼル

  • XD 3,240,000円~
  • XD PROACTIVE 3,369,600円~
  • XD L Package 3,952,800円
ガソリンモデルとディーゼルモデルがラインナップされているんだね!!

ですね!グレードを大きく分けると・・

  • ベースグレード
  • PROACTIVE
  • LPackage

3種類になっています。では新型アテンザのグレードによる内装の大きな違いをまとめていきましょう!

関連記事

ピュアホワイト&ブラウンレザーシートはL Packageだけ

グレードによるシートの違いをまとめると・・

  • レザー&白&ブラウンはLPackageのみ
  • PROACTIVE以下はブラック&クロス素材

新型アテンザ内装画像

マツダの最上級グレードといえば・・白レザーでしょうよ!!
  • シート素材|ナッパレザー
  • シート色|ピュアホワイト
  • グレード|25S L Package/XD L Package

新型アテンザ内装画像

オリエンタルブラウン渋くていいね~!車格に合ってるね。
  • シート素材|ナッパレザー
  • シート色|オリエンタルブラウン
  • グレード|25S L Package/XD L Package

新型アテンザ内装画像

  • シート素材|クロス
  • シート色|ブラック
  • グレード|20S/20S PROACTIVE/XD/XD PROACTIVE

グレードによるシートの違いをもう一度まとめると・・

  • レザー&白&ブラウンはLPackageのみ
  • PROACTIVE以下はブラック&クロス素材

となっていますね。レザーシート&白にこだわるなら、LPackageがおすすめグレードになりますね。他にもLPackageは豪華になっているのでチェックしていきましょう。

関連記事

LPackageのみウルトラスエードを使って高級感UP

LPackageのみ、インパネトリム&ドアトリムにウルトラスエードを使用して高級感がUPしています↓↓

新型アテンザ内装画像

デザインについては、人の手を介することによって生まれる洗練さとぬくもりの表現に注力。上級機種「L Package」では、日本の伝統と先端技術により生まれた新素材「ウルトラスエード®ヌー」を採用

確かに・・高級感がぐんっとアップするね!

新型アテンザ内装画像

艶となめらかな風合いを併せもつ新しい質感を表現しました。また、栓(セン)の木を使用した本杢(ホンモク)パネルやナッパレザーなど、本物の素材にこだわりつつ、日本の伝統美に通ずる色合いを表現。次世代のデザインの考え方も取り入れながら、エクステリア・インテリアともに上質なエレガンスを表現しています。

LPackageが断トツで高級感があるって事が分かりましたね。PROACTIVEとの価格差を確認すると・・

  • 約60万円程割高

もちろん内装以外にもグレードによる違いはあるのですが、内装だけでも・・LPackageを選びたくなっちゃいますね。

次に新型アテンザのコックピット&インパネを見ていきましょう!!

関連記事

スポンサーリンク

コックピットとインパネは欧州車好きに高評価

新型アテンザ内装画像

コックピットには全グレード共通の操縦性や握り心地を追求したステアリングホイール、マルチインフォメーションディスプレイにフルカラーTFT液晶を採用しより一層読み取りやすさや視認性が高まりました。

マツダらしいシンプルなインパネ周りは好印象だね。

インパネまわりは今風というよりは、古典的なレイアウトですが、私世代には安心感がありますね。

運転席周囲やインパネもほどよく整っていると思います。

ギラギラのインパネは不要と考える欧州車好きには相性が良いと思えます

新型アテンザ内装画像

口コミでも言われているように、欧州車好きのユーザーさんに高評価でしょうね。

インパネもインパネデコレーションパネルとドアトリムスイッチパネル、シフトパネルの加飾にチタニウムヘアラインが施されています。パワーシートスイッチとグローブボックスのノブには、操作性の良いサテンクロームメッキが施されていますね。

関連記事

フロントガラス照射タイプのアクティブ・ドライビング・ディスプレイが標準装備

新型アテンザアクティブ・ドライビング・ディスプレイ

人間の有効視野の範囲内であるフロントガラスに情報を投影するアクティブ・ドライビング・ディスプレイを開発。視線移動と焦点調節の軽減、目が離れることを防ぎます。

え!?アクティブ・ドライビング・ディスプレイが標準装備なの??

流石の一言ですね!フラッグシップモデルにふさわしく、アクティブ・ドライビング・ディスプレイが全グレード標準装備となっています。

交通標識認識システム(TSR)による標識情報も表示されるアクティブ・ドライビング・ディスプレイ。標準装備はヤバイでしょうよ!!

関連記事

8インチセンターディスプレイも標準装備

新型アテンザ内装画像

ダッシュボード上にセンターディスプレイを配置することで、ナビゲーションなどの情報を少ない視線移動で視認できます。

8インチセンターディスプレイも標準装備となっています。ナビゲーション用SDカードを+すれば、もちろんナビとして利用可能ですね。

新型アテンザ内装画像

「マツダ コネクト」はソフトウェアをアップデートでき、つねに最新のサービスを利用できるコネクティビティシステム。 走行中でも、インターネットラジオの受信※1やハンズフリー通話など、便利で楽しい多彩な機能が安全に操作できます。

うんうんマツダコネクトもいい感じじゃない!

自動防眩ルームミラーも嬉しいポイント

新型アテンザ内装画像

後続車のヘッドランプなど一定以上の強い光を受けると、ルームミラーの反射率を自動的に下げ、ドライバーが感じる眩しさを抑えます。L Packageグレードには、すっきりとしたデザインのフレームレスタイプを採用しました。

嬉しいポイントだね。高性能~

夜の運転に嬉しい自動防眩ルームミラー。全グレード標準装備となっていて、LPackageだけフレームレスタイプになります。

次に新型アテンザの内装装備を見ていきましょう!!

関連記事

スポンサーリンク

内装装備もグレードによる違いが大きめ

新型アテンザ内装画像

新型アテンザは内装装備も充実した内容になっています。注意したいのが・・

  • グレードによる内装装備の違いが大きめ

ってことですね。ではグレードによる内装装備の違いをまとめて見ていきましょう!!

ステアリングヒーターで冬も快適

新型アテンザ内装画像

グリップの3時・9時位置にヒーターを内蔵。すばやくグリップ部を温め、寒い季節にも安全で快適な操作をサポートします。

寒い冬に嬉しいステアリングヒーター。グレード別にまとめると・・

  • L Package|標準装備
  • PROACTIVE|メーカーオプション

となっています。プロアクティブでもオプションで装備可能なのは嬉しいポイントですね。

運転席&助手席シートベンチレーション

新型アテンザ内装画像

L Packageグレードのフロントシートには、乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出し、暑い季節でも快適な運転環境を提供するベンチレーション機能を備えています。背もたれと座面の広範囲に吸い出し口を設けることで、局所的な冷えの防止にも注力しました。吸い出し風量は3段階で調節できます。

シートベンチレーションも・・

  • L Package|標準装備

LPackageが断トツの内装装備となっています。こだわるなら・・LPackageがおすすめグレードで間違いありませんね。

運転席&助手席パワーシートとシートヒーター

新型アテンザ内装画像

運転席はシート及びアクティブ・ドライビング・ディスプレイ(カラー)の設定メモリー機能のほか、腰のポジションを調節できるランバーサポートを備えた10Wayパワーシートを、助手席は6Wayパワーシートを採用。運転席&助手席シートヒーターも装備しています。

パワーシート&シートヒーターは・・

  • L Package|標準装備
  • PROACTIVE|メーカーオプション

アクティブ・ドライビング・ディスプレイと連動しているのも嬉しいポイントです。

フルオートエアコンは全グレード標準装備

新型アテンザ内装画像

運転席と助手席それぞれに独立して設定温度を調整できるフルオートエアコンを全車に標準装備しました。季節やシーンを問わず、全席で快適な室内環境を実現します。

もちろんフルオートエアコンは全グレード標準装備となっています。車格から言って・・当たり前ですが。。

電動パーキングブレーキ&オートホールドも標準装備

新型アテンザ内装画像

軽い力でスイッチを操作するだけで確実にパーキングブレーキをかけることができ、スイッチを押すか、発進のためにアクセルペダルを踏み込むと解除されます。

電動パーキングブレーキが全グレード標準装備なのは、嬉しいポイントですね。オートホールドまで標準装備とは・・流石の一言。。

コマンダーコントロールも標準装備

新型アテンザ内装画像

センターディスプレイの情報は、すべてコマンダーコントロールで操作できます。前を向いたまま安全に情報を扱うことができます。

おすめのポイントは、センターコンソールに備えられている手もとを見ず直感的に操作できるように工夫されたコマンダーコントロールです。なお、アームレストは最高級素材のアルカンターラを使っていますね。

コマンダーコントロールも全グレード標準装備となっています。

さすがは高級セダンと呼ばれるだけあり、見た目だけの高級感に留まらない痒いところに手が届く快適装備が充実していますね。

関連記事

収納スペースも充実!シンプルにまとまった印象

新型アテンザ内装画像収納スペース

  1. アジャスター機能付カップホルダー(フロント×2)シャッター式リッド付
  2. ボトルホルダー付ドアポケット(フロント×2)
  3. アームレスト付大型コンソールボックス(USB端子×2/内部植毛加工)
  4. シートバックポケット(運転席/助手席)
  5. ボトルホルダー(リアドア×2)
  6. リアシート センターアームレスト(カップホルダー×2/充電用USB端子×2)
ファミリーカーってわけじゃないから、十分すぎるでしょうよ!

もちろんミニバンやハイトール軽自動車と比べると、収納スペースも少なめですが。。ファミリーカーってわけじゃないので、収納スペースも十分でしょう!!

次に新型アテンザの後部座席を見ていきましょうか!!

関連記事

スポンサーリンク

後部座席の口コミ・評価はどうよ!?乗り心地も高評価

乗員の体を包み込むような立体感のある造形、体圧を広く分散させる座面のウレタンなどにより、心地よいフィット感と快適な着座感を実現。リラックスした姿勢のまま、安心してゆったりとくつろげます。

新型アテンザ後部座席画像

親族を後部座席に何回か乗せましたが、静かで揺れが少ないと好評でした。GVCが効いているようです。

後席頭上空間に問題がないのは素晴らしいと思います.

アテンザの後部座席は乗り心地&広さも評価が高いね!

空間や頭上空間の広さも十分で前の座席に大柄の男性が座っていても、大人が足を組める程のゆとりがあります。後部座席ながら開放感があり、居住性が抜群です。

シートのホールド力も高く、包み込まれるようにゆったりと座ることができますので、長時間のドライブでも子供からお年寄りまで安心して楽しむことができます

新型アテンザ内装画像

さらに、他の車と比べても後部座席のシートの奥行が長いため深く腰掛けられるので、座ったときに安定感があり、疲れにくく快適です。ヘッドレストも主張しすぎず丁度良い大きさで首や肩にぴったりとフィットするため乗っているときの姿勢が楽です。

関連記事

後部座席にはアームレスト付大型コンソールボックス付き

新型アテンザ後部座席画像

ドアトリムのアームレストと同じ高さとして、安定した姿勢を保ちやすくしました。2つのカップホルダーの後方にはリッド付の収納スペースを備え、さらに内部には2つの充電用USB端子も装備しています。

なんといっても嬉しいポイントは・・

  • 2つのカップホルダー
  • 充電用USB端子
さすが高級車だね~!!装備が粋だわ。。

他にもLPackageには・・

  • リアベンチレーター
  • リアシートヒーター

も標準装備となっています。後部座席の快適性がぐんっとアップしますね!!

関連記事

電動リアウインドーサンシェードが快適

新型アテンザ内装画像

後方からの日射を遮って後席の快適性をより高めます。インストルメントパネルのスイッチ操作で自動的に展開・格納できるほか、後退時には自動的に格納されて後方視界を確保します。

同乗者にも優しい内装装備だね!!

LPackageのみ標準装備となりますね。インパネからスイッチで操作できるなんて・・快適すぎるじゃないか!!

ラゲッジスペースの容量は474L

アテンザセダントランク

474L(VDA方式)の容量とワイドな開口部を持ち、かさばる荷物も楽に出し入れ。トランクのヒンジはトリム内に格納されるため、トランクリッドを閉めたときに荷物を傷つけることを防ぎます。また、トランクリッドオープナースイッチを運転席に備えています。

新型マツダアテンザセダンのラゲッジスペースは容量419L(VDA方式)の容量とワイドな開口部で、大きな荷物の時女性でも楽に出し入れができます。尚、トランクのヒンジはトリム内に格納されるため、トランクリッドを閉めたときに大切な荷物を傷つけることを防ぎます。

十分すぎるでしょうよ!

更に小物などの収納に便利なサブトランクボックスもフロア下に装備していますので車の中にあるこまごましたものを収納しておくのに便利です。

新型アテンザ画像

セダンであるにもかかわらず十分な広さをとったラゲッジスペースは大変使い勝手が良く、更にトランクスルーで長い荷物を積み込むことも可能です。ゴルフクラブ程度の物ならばゆとりをもってトランクスルー無しでも積み込めます。

十分な広さを確保しているね!!

大容量のラゲッジスペースにはかさばる荷物も入るためゴルフバッグはもちろんのこと、買い物で大き目のものを買った時も、家族でお出かけという時も、セダンでは荷物が入らないとあきらめていた人も納得できるのではないでしょうか。

関連記事

後部座席のシートアレンジは6:4分割可倒式

新型アテンザ内装画像

新型アテンザのシートアレンジは6:4分割可倒式になっていますね。ラゲッジ部分から手を伸ばして後部座席を前へ倒せば大きな物も積載可能です。

セダンタイプで、長尺物積み込めるのは嬉しいポイントだね。

シートアレンジが出来るのも、嬉しいポイントですね!

関連記事

スポンサーリンク

まとめ カスタムでイルミネーションもGOOD!

新型アテンザイルミネーション画像

多才な高機能アイテムを搭載した新型マツダアテンザセダンは大型ラグジュアリーセダンということもあり後部座席やラゲッジスペースまで高級感のあふれる作りになっていましたね。

新型アテンザの内装をまとめると・・

  • LPackageが断トツで装備が充実している
  • LPackageだけ白&ブラウンレザーシートを選べる
  • アクティブ・ドライビング・ディスプレイは標準装備
  • 標準装備自体が充実している

といったところでしょうか。

何よりもおすすめポイントは後部座席にも漂う高い質感と、それでいてファミリーユースにも適した実用性を2つとも兼ね備えていることですね。大切なお客様をお乗せしても有り余るほどの高級感はステータスのある大型ラグジュアリーセダンならではです。

カスタムアクセサリーも充実していて・・

  • イルミネーション
  • ウェルカムライト
  • 電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)

などお好みに合わせてカスタムするのもいいですね~~!!

試乗に行く際には、是非LPackageを体感してくだい。価格は他のグレードと比較すると割高ですが、最高級セダンを味わってくださいね。

アモーレセダン!

スポンサーリンク


関連記事

画像テキスト引用MAZDA公式HP価格.com