新型インサイトの内装を画像でレビュー!全グレード装備が充実&シフトレバーがないんだぜ?後部座席はどうよ!

新型インサイトの内装を画像でレビュー!全グレード装備が充実&シフトレバーがないんだぜ?後部座席はどうよ!

期待感とともに復活を遂げた新型インサイトですが、内装のほうはカッコよく仕上がっているのでしょうか!?

エクステリアはかなり上質で落ち着いたカッコ良さを醸し出してるし、、内装も期待できるんじゃない?
確かに!期待しちゃうね!グレードによっての違いも知りたい!

ということで、今回は新型インサイトの内装を大量画像でレビューしつつグレードによる違いも見ていきたいと思います!

レッツゴー!

スポンサーリンク

まずは新型インサイトの内装を画像で一気見しちゃおう!

まずは新型インサイトの内装を画像でドドンっと見ていきましょう!

どどんっ。

おぉ!室内も広々としてるね!さすが車体サイズが大きくなっただけのことはあるね。

新型インサイト

わぁこの本革の高級感はヤバい♪

新型インサイト

運転しやすそうだなぁ!

新型インサイト

トランクスルー機構もあり!思ったより使い勝手も良さそう♪

新型インサイトはエクステリアだけでなく、内装面でもかなり上質な高級感溢れるセダンに生まれ変わった印象です。

ドランクスルー機構のあるセダンということで使い勝手は良さそうですが、グレードによる内装の違いがあるのか、気になるところですね!

それではまずはグレードによる内装の違いから要チェック!

スポンサーリンク

新型インサイトのグレードによる内装の大きな違い

新型インサイトの内装のグレードによる大きな違いはインテリアシート(内装のシート)になるでしょう!

3つのグレードごとにそれぞれインテリアシートの設定有り

  • ブラックコンビシート(本革×ウルトラスエード)
新型インサイト
適用タイプ:EX・BLACK STYLE
  • ブラックコンビシート(プライムスムース×ファブリック)
適用タイプ:EX
  • ブラックファブリックシート
適用タイプ:LX
  • ブラックレザーシート(本革)
適用タイプ:EXにメーカーオプション

それぞれのグレードでシートが決まっていて(EXだけオプションで本革の設定も有り)、インテリアシートカラーはすべてブラックで統一されています。

このへんは新型インサイトのブランディングのこだわりが見れますね~

ちょっと気になるLXにはない装備を2つ

あとグレードによる内装の違いとして、LXには装備されていないもので気になるものが2つあります。

  • 運転席(8ウェイ)、助手席(4ウェイ)のパワーシート

  • スマートウェルカムランプ

これら2つはEXとEX・BLACK STYLEにしか装備されていません。

ほうほう。え?それだけ?

そうなんです(笑)あとの装備は基本的には全グレード設定となっているので、かなり充実した内容といえるのではないでしょうか!

ここから詳細を見ていきますよ!

新型インサイトのインパネ・コックピット

ということでまずは新型インサイトのコックピット部分、インパネを見ていきます!

じゃじゃん。

新型インサイト

ホンダらしいステアリングはやっぱり運転しやすそうだよね~

センターメータパネルはもちろんのマルチインフォメーションディスプレイ↓

結構大型なディスプレイなのでとっても見やすそうです!

そしてコンソール部分ですが、新型インサイトにはシフトレバーがないんです!

その代わりにあるのがギアセレクター!↓

なにこれ!マジか!ボタン操作なの!?

P・N・Dは押す、Rは引くという人間の感覚にマッチした操作感のギアセレクター。

.ヤバいでしょ~(笑)これは運転してみたくなりますよね!

ステアリングにもしっかりマルチインフォメーションディスプレイと連携したセレクターが装備されています↓

ホンダらしい直感的に運転を楽しむことができる装備がコックピットには散りばめられていることがわかりますね!

スポンサーリンク

新型インサイトではインターナビが全グレード標準装備

そして新型インサイトのナビ部分ですが、うれしいことに全グレードにホンダご自慢のインターナビが標準装備となっているんですよ~

新型インサイト

インターナビとは、普通のカーナビでは把握できない渋滞情報、災害情報、安否情報など、多彩な情報をご提供するHonda独自の「通信型ナビ」です。

インターナビって音にもこだわりがあるって知ってました?

大型の8インチHD液晶モニター搭載、さらにインターナビ・プレミアムクラブの多彩な情報を通信費無料※1で利用できる「リンクアップフリー」対応のインターナビ。8スピーカーの採用に加えて、インサイトに最適化したチューニングなど、音にもこだわりました。

なマジか!これ標準装備なの・・・それなら高い価格設定も納得できるかも。。

しっかりApple CarPlayにも対応しています↓

クルマの中でiPhoneを、より安心・快適に楽しめる「Apple CarPlay」に対応。音楽の再生や通話など、iPhoneの様々な機能をナビ画面や音声で操作できます。

繰り返しますが、これら全グレードに標準装備ですからね。。最高っす!

新型インサイトではシートヒーターも左右独立式エアコンも標準装備

さらに嬉しい装備となるものが2つ。

  • 運転席&助手席シートヒーター

新型インサイト

3段階で温度調節できるシートヒーターを、運転席と助手席に採用。雨の日や早朝などの冷えた車内でも、座面から冷えたカラダを温めます。

  • 左右独立温度コントロール式フルオート・エアコンディショナー

運転席と助手席それぞれで温度調節を可能に。プラズマクラスター技術搭載で車内の空気にも配慮。

これらも全グレード標準装備となります。

どうですか?ちょっとした価格の高さはもう気にならなくなってるのでは?(笑)

関連記事

スポンサーリンク

新型インサイトの後部座席は広々でトランクスルー機構有り

そしてセダンスタイルの車でもやっぱり気になるのは後部座席ですよね!

新型インサイトの後部座席はこちら↓

新型インサイト

おぉ~広々してるな~

大人が後部座席に座っても十分くつろげる足元スペースが確保されていますね!

しかも後部座席のシートは6:4可倒式になっていて、トランクスルー機構付きのリアシートなんです!

新型インサイト

これが出来ると出来ないでは荷物の種類の積載可否も変わってきますし、使い勝手もかなり変わってきますからね~。あるに越したことはない機能ですね。

後部座席の収納も基本装備は充実しています↓

  • リアドアポケット(ボトルホルダー付き)

新型インサイト

  • 助手席シートバックポケット

  • リアセンターアームレスト(ドリンクホルダー付き)

総じてかなり好印象な後部座席になっていますね!

新型のトランクルームは519Lの大容量

そして新型インサイトのラゲッジ(トランクルーム)ですが、、はい、、ばっちり広いです(笑)

新型インサイト

容量は519Lと大容量!なんとゴルフバックは4個まで積載可能です!

このへんも車体サイズが大きくなった恩恵だよね!

さらに細かな気遣いとしてトランクアンダーボックスもあり↓

新型インサイト

こういったスマートな収納の利便性はちょっとしたときにかなり役立つんですよね~

嬉しい限りです!

関連記事

スポンサーリンク

まとめ

以上、新型インサイトの内装を大量画像と一緒にレビューしてきました!

新型インサイト

新型インサイト

新型インサイト

新型インサイト

新型インサイト

簡単に振り返りまとめておくと、

  • 内装のグレードによる違いはインテリアシートと前席のパワーシートの有無くらい
  • コックピットはホンダらしい運転しやすそうなデザイン
  • シフトレバーがなく、ボタンで操作するギアセレクターでかっこいい
  • インターナビは全グレード標準装備
  • シートヒーターや左右独立のエアコンディショナーも全グレード標準装備
  • 後部座席は広く使い勝手もいい&基本装備も充実
  • トランクルームは519Lの大容量

といった感じでしょうか!

エクステリアのバージョンアップから内装に対しての期待値も高めだったので正直不安なところもありましたが、想像をはるかに超える内装の良さでしたね!

なにより全グレード標準装備のものが多い!

これから価格面でも納得できるんじゃないかな~

購入を検討している人は必ず見積もりを出して乗り出し価格で考えたほうがいいですよ!もしかしたらあのライバル車と乗り出し価格はそんなに変わらないかも!?笑

アモーレセダン!

スポンサーリンク

新型インサイト 記事一覧

画像出典HONDA公式HP