日産

Category

新型(現行)日産ティアナの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

新型(現行)日産ティアナの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は? ティアナの後部座席ですが、残念ながらリクライニング機能はありません。一体型のシートであるので、スライドすることもできず、後部座席の乗り心地は良いとは言えません。しかし、リクライニングはできませんが、座面の大きさやバックレストの角度も適正であ...
1135 PV

新型(現行)日産ティアナの総合評価まとめ

新型(現行)日産ティアナの総合評価まとめ 内装を徹底的に評価、レビューします! 日産ティアナの内装からは、落ち着いた雰囲気がある中にも斬新さを感じることができます。おすすめポイントは、上品さをアピールしている点です。運転するたびに、プレミアムセダンとしての魅力を味わうことができるインテリアに仕上げられています。 華やか...
811 PV

新型(現行)日産ティアナの内装を徹底的にレビューします

新型(現行)日産ティアナの内装を徹底的にレビューします 内装評価 内装評価は、実際に試乗、所有している人からは良いようです。丸い流線形ルーフの優しいデザインや内装の装飾デザインなど全体的にバランスが良く上質な室内空間を連想させる居住性を再現したデザインになっています。 内装のシートはベージュかブラックで統一でき、ベージ...
1591 PV

新型(現行)日産フーガの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は?

新型(現行)日産フーガの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は? “後部座席に乗り込んだ時にまず感じるのが、しっとりとした肌触りのセミアリニン本革シートの心地よさと、思わず足を組んでリラックスしたくなる足元の広さです。さらに天井高にもゆとりがあり、ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション ...
1457 PV

新型(現行)日産フーガの総合評価まとめ

新型(現行)日産フーガの総合評価まとめ 内装を徹底的に評価、レビューします! 日産・フーガは、かつて同社が生産していた高級車量産モデルである「セドリック」と「グロリア」の後継モデルとして2004年に販売がスタートし、現在のモデルで2代目の後期となります。 国内では大型ですが、北米市場ではミドルサイズとなるフーガの人気は...
360 PV

新型(現行)日産フーガの内装を徹底的にレビューします

新型(現行)日産フーガの内装を徹底的にレビューします 内装評価 新型(現行)日産フーガの内装色はブラウン、ブラック、ベージュの3色あります。落ち着いたブラウンのセミアニリン本革シート。高級感たっぷりなブラックの本革シート。ブラックの本革と高級織物であるジャガードを融合させたネオソフィール。明るく柔らかな印象のスエード調...
2022 PV

新型(現行)日産スカイラインの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

新型(現行)日産スカイラインの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は? スカイラインの特徴は、車内が広くなったことです。先代のスカイラインに比べると、車高が低くなり長さが長くなっているのが特徴です。乗り降りしやすく車内が広いことがポイントになります。車内が広くなったことで後部座席に余裕ができました。足元の広...
2120 PV

新型(現行)日産スカイラインの総合評価まとめ

新型(現行)日産スカイラインの総合評価まとめ 内装を徹底的に評価、レビューします! 日産スカイラインといえば、日本車の中でも歴史のある自動車になります。かつてはスカイラインGTRがありましたが、現在GTRはあるものの、頭に「スカイライン」の名称は付いていません。これは、GTRがスカイラインの枠の中から外れてしまい、別に...
359 PV

新型(現行)日産スカイラインの内装を徹底的にレビューします

新型(現行)日産スカイラインの内装を徹底的にレビューします 内装評価 日産スカイラインは「最先端のテクノロジーを駆る歓びを日々の糧とするドライバーへ贈りたい」をコンセプトに作られた自動車で、スポーツカーのような走りを実現しながらも高級感や重厚感を味わうことのできるセダンです。ハイブリッドや次世代ターボなど、走り方も自分...
838 PV

新型(現行)日産シーマの後部座席・ラゲッジ評価まとめ

新型(現行)日産シーマの後部座席・ラゲッジ評価まとめ 後部座席の乗り心地は? 新型(現行)日産シーマ後部座席の乗り心地ですが、パワーリクライニング機能を備えています。 後部座席にはゲストをお招きすることも多いため、スイートルームのリビングで過ごすような足元の広さも実現しています。 シートの素材はやわらかな肌ざわりのセミ...
652 PV